福岡【女性用出張マッサージアロマリラックス福岡】男性セラピストによるアロマオイルトリートメントエステ

リラクゼーションサロンの運営、
ホームページ制作、集客、SEO、コンサルティング

<リラクゼーション>
福岡を中心に出張専門のメンズアロマセラピストとして活動しています。アロマリラックスはルネサンス式英国アロマ採用。男性セラピストの施術にはヒーリングパワーが身体に入りやすく、大変気持ちがよく、大きな手で全身を包み込まれる感覚は、大勢のリピーターから絶大な人気があります。施術(トリートメント)に使用する精油は100%天然のアロマオイルです。

<コンサルティング>
・誰でも簡単に作成できるHP
・費用をか

記事一覧(241)

バストアップするために、アロマトリートメント

バストアップするためのマッサージには2つのステップがあります。第1ステップは、バストに沈殿している乳酸、老廃物を取り除きマシュマロのようなふわふわおっぱいにするアロマトリートメントです。第2ステップは、バストを鍛え、張りのある胸にし、カップ数を上げるためのバストアップトレーニングです。個人差はありますが、1カップから最大2カップまで大きくすることが可能です。さらに、マッサージを続けるほど乳首や乳輪がピンク色になり、乳首が上を向いて乳房の形が美しくなっていきます。女性にとってバストはシンボルです。自分の乳房と思えないほどの喜びを得る事は間違いないです。バストアップするには、女性ホルモンと成長ホルモンが分泌されて、初めてアロマトリートメントの効果が現れます。まずは、バストとはどういう構造なのか、どういう仕組みで膨らむのかなどを説明していきます。構造や仕組みを知ったうえでバストアップマッサージをすると効果が出やすくなります。◎バストの構造バストの9割は脂肪、1割が乳腺です。乳腺は、乳房1つに対して平均15~25個の塊として存在し、乳頭の周りで葉っぱが枝分かれしたように張り巡っています。乳腺が発達している人ほどバストは固く豊かになります。乳腺の脂肪は、乳腺の周りに付いて乳腺を保護しています。バストは脂肪の量が多いか少ないかで大きさ、形状、張り、丸み等が違ってきます。乳房の下には大胸筋があり、バストを支える役目を担っています。この大胸筋の退化や老化が進むとバストが垂れ下がり張りがなくなります。◎バストのタイプバストは、乳腺質と脂肪質の2つのタイプに分けられます。乳腺質のバストは、乳腺がたくさん詰まっているため比較的固めで乳房も大きく垂れにくいのが特長です。脂肪質のバストは、乳腺数に比べて皮下脂肪が多いタイプの乳房です。乳房が柔らかいために仰向けになるとペチャンコになったり、授乳経験があると垂れ下がる傾向があります。◎バストと女性ホルモンと遺伝の関係乳腺や脂肪の量が多いか少ないかでバストの大きさ、形状が変わってきます。バストが思春期のころに大きく成長するのは、成長ホルモン、女性ホルモンが活発に分泌して脂肪や乳腺を発達させてくれるからです。その頃に、強い精神的ストレスを受けたり、過剰なスポーツ、過度なダイエットなどをすると発達が阻害され、バストが大きくならないのです。現在は、バストの大きさと遺伝はあまり関係ないと言われています。人間の細胞の数はおよそ60兆個あると言われますが、その数に個人差はありません。太っている人と痩せている人の違いは、脂肪細胞が膨らんでいるかそうでないかの違いだけなのです。バストも同じで乳腺と脂肪が発達しているかそうでないかの違いです。女性は、思春期に胸が膨らんできますが、この時期に成長ホルモンとラクトゲン受容体が十分に分泌されるかどうかでバストの大きさが決まります。しかし、この2つが時期的にずれて分泌されたり、成長ホルモンの分泌量が少なかったりするとバストが膨らみにくいのです。成長ホルモンの分泌を阻害する要因は、思春期の頃に強い精神的ストレスがあったり、過剰なスポーツ、無理なダイエットをしたりしたなどです。思春期が終わると女性ホルモンや成長ホルモンは分泌量が次第に落ちてきます。そして、この時期を逃すと、もう二度とバストアップはできない、と思われてきました。しかし、最近の研究では、30代、40代になってもバストアップができるという事が、発表されています。バストを発達させるためには、3つの条件をクリアすれば可能です。・1つ目は、土壌です。発達を阻害する乳酸や老廃物をバストから取り除いて発達しやすい土壌を作ることが必要です。これらは、乳房の組織に貼りつき、発達を阻害するからです。・2つ目は、肥料です。それは、ヒト成長ホルモンと女性ホルモンです。思春期にはこれらのホルモンが大量に分泌されますが、この分泌を阻害するような環境にいた女性は、バストの発達が阻害されていたということになります。これらのホルモンは思春期を過ぎると徐々に減ってきます。・3つ目は、育成です。良い土壌に良い肥料を与えても日々刺激していかないと育成できません。筋肉と同じでバストも何もしなければ衰えてきます。美しいバストを保つには日々のトレーニングが必要です。これらの3つの条件が揃うと、再びバストは発達してきます。施術中はヒト成長ホルモンや女性ホルモンがたくさん分泌されています。施術の最後にバストアップマッサージをすると効果が出やすいということがわかりました。そして、マシュマロのようなふわふわおっぱいになり、乳首が上向いてバストの形が良くなります。女性にとってバストはシンボルです。バストアップマッサージをすると、乳房は本来あるべき形に戻っていきます。バストは長年ケアしないで放置していると、周りの筋肉との間に乳酸や老廃物が溜まり、それがバストを引っ張ることで形がいびつになっているのです。又、授乳後は乳房内に乳酸や老廃物が大量に溜まっていますから、バスト自体も歪になっています。胸の大きい女性でも、バストアップマッサージをすれば形の良い綺麗なバストになります。バストアップトレーニングは乳房をもっと大きくしたい時に、行う事をおすすめします。そして、バストを支えるために大胸筋、小胸筋を鍛えるエクササイズをしましょう。男性セラピストによる垂れないバストマッサージを行います。特に胸の大きな女性にはおすすめです。福岡を中心に出張専門のメンズセラピストとして活動しています。男性セラピストの施術にはヒーリングパワーが身体に入りやすく、大変気持ちがよく、大きな手で全身を包み込まれる感覚は、大勢のリピーターから絶大な人気があります。施術に使用する精油は100%天然のアロマオイルです。コースメニュー

オールハンドで施術を行います。

バストアップマッサージは、背中のオイルトリートメント、ストレッチ、バストマッサージを行います。背中のオイルトリートメントでは肩甲骨周りのバストアップや代謝を促すツボを刺激します。リラクゼーションにも最適です。バストマッサージでは脇のリンパ節や乳腺に刺激を与えて血行を促進しバストにハリを作っていきます。 バストアップマッサージはオールハンドで行います。オールハンドのバストマッサージでは、大胸筋、乳房、腋下のリンパを流していきます。大胸筋のマッサージはバストの土台をつくり、下垂を防ぎ、乳房のマッサージでは乳腺を刺激し、発達を促してバストアップにつなげます。腋下リンパのマッサージは、リンパの流れを良くしてバストの下垂や広がりを防ぎ、バストアップにつなげていきます。 このようにバストアップマッサージは、バストの代謝を促し、血行を良くすることで女性ホルモンの分泌を活発にさせ、また新陳代謝が良くなることで、はりのあるバストが生みだすことを目的としています。血行促進効果、リンパの流れが良くなることでダイエットや健康にも役立ちます。 ・バストのボリュームをだす。・バストにハリを持たせる。・バストトップの位置を上げる。・垂がったバストを持ち上げる。・全体のバランスを美しく見せる。このような効果から、姿勢が綺麗になり、鎖骨がより水平になり、全体的に若々しい印象になります。いつまでも美しく、輝きをキープするためにバストアップマッサージをお役立てください。

女性の体について

女性の体はホルモンで変わります。4つのホルモンにヒミツがあります。女性の体はエストロゲン、プロゲストロン、オキシトシン、テストステロンという4つのホルモンの影響を受けます。バストアップを目指すには男性ホルモンであるテストステロンの分泌を抑えて、女性ホルモンが優位になるようにしましょう。恋愛や生活の改善で女性ホルモンのバランスを整えてることが大切です。 男性とは違う。女性特有の4つのホルモンとは女性の気持ちは、「女心と秋の空」という言葉があるように、すぐに移り変わっていくものです。その原因として考えられているのがホルモンの影響です。男性の精神に影響を与えているのはテストステロンというホルモン1種類といわれています。一方で女性に影響を与えるといわれているホルモンは4種類もあると考えられているのです。有名なものではエストロゲンにプロゲストロン、それに加えてオキシトシンとテストステロンが強力な影響を及ぼすといわれています。そのため、これらの4つのホルモンのうちどれが優位になるかで女性の精神は大きく変化します。女性は生理周期があるため、ホルモン分泌が一定ではありません。時期によって4つのホルモンの中で分泌が多いものと少ないものがあるのです。ホルモンの変化は大きく4つの時期に分けられるといわれています。これらのホルモンを上手く使えばお肌のトリートメントやバストアップも可能です。バストアップに効果的なホルモンを増やすことで美肌も美胸も叶います。 4つのホルモンの変化周期とバストの関係女性の体は4つのホルモンの影響を受けて変化します。女性の身体に影響を与えるのはエストロゲンにプロゲステロン、さらにオキシトシン、テストステロンの4種類です。これらのホルモンの分泌量の変化によって主に4つの時期に分けられるといわれています。生理中の一週間生理中はプロゲステロンが減少してオキシトシンが強い時期。生理中に出掛けるのが面倒になることはありませんか?落ち込んだり、内省的になったりするといわれる時期です。生理後の一週間生理後の一週間はエストロゲンが増える時期。肌がキレイになって精神的にも落ち着きを取り戻す時期です。生理初日から二週間生理初日から二週間たつとプロゲストロンとオキシトシンが増加します。落ち着いて冷静になる時期で、恋愛には控えめになります。生理前一週間生理前の一週間はイライラしてお肌や体の調子が悪いという人も多いでしょう。この時期はプロゲストロンとテストステロンが多く、精神的に攻撃的になりやすい時期です。生理前に胸が張るという人も多いでしょう。これはプロゲストロンが乳腺を刺激した結果です。恋をして美しく?ホルモンを利用したバストアップアップバストアップに密接にかかわっているのが女性ホルモンです。女性ホルモンは女性らしい身体を作るためのホルモン。特に有名なのはエストロゲンでしょう。エストロゲンと同じ働きを持つ大豆イソフラボンも女性らしさをつくる食品として注目されています。一方、分泌されるホルモンの中でも男性ホルモンとされるのがテストステロン。脂肪が少ない男性的な筋肉質な身体を作るのがテストステロンです。女性らしい体を作るためには女性ホルモンを増やして男性ホルモンを減らす必要があります。女性ホルモンの分泌を活発化させるためには、女性らしい行動をとるのが効果的です。恋愛もその一つです。恋愛状態に入ることで女性ホルモンが分泌されてボディラインも整います。その他にも美肌効果も期待できるでしょう。恋愛以外にも、良質な睡眠やストレスが少ない生活で女性ホルモンが整うといわれています。肌荒れや生理不順に悩む人は、不規則な生活を改善して女性ホルモンが分泌されやすい環境を作りましょう。恋愛でバストアップ。胸に関する4つのホルモンとは・女性の身体はホルモンで変わる4つのホルモンの秘密バストアップするためには女性ホルモンのバランスを整えるように心がけましょう。そのためには恋愛や規則正しい生活が効果的です。女性ホルモンの効果で美しいボディラインを目指しましょう。・男性とは違う女性特有の4つのホルモンとは女性の体は主に4つのホルモンに影響を受けるといわれています。女性身体のサイクルはホルモン分泌によって大きく4つの時期に分けられ、ホルモンの性質を利用することでバストアップを目指すことも可能です。・4つのホルモンの変化周期とバストの関係女性の体は4つのホルモンの影響で精神的にも肉体的にも変化します。ホルモンが刺激することで起きるのが胸の張りなどの症状です。生理前に胸が大きくなったといわれるのもホルモンの影響です。・恋をして美しく。ホルモンを利用したバストアップアップバストアップに効果があるといわれているのが、エストロゲンに代表される女性ホルモンです。不規則な生活や睡眠不足は男性ホルモンが優位になってしまいます。女性らしい体を作るためには規則正しい生活でホルモンバランスを整えましょう。

女性を美しくするホルモンや活動、効果について

女性を美しくするホルモン人間のからだのなかではさまざまな働きがあり昼夜に関係なく活動しています。あなたのからだの中でもいろいろなことが起きています。その働きを調節するものの一つに「ホルモン」があり、あなたの美と健康のために役立ってくれているのです。数ある中であなたの美しさを保つ3つのホルモンがあります。・オキシトシン ・エストロゲン(卵胞ホルモン)・プロゲステロン(黄体ホルモン)オキシトシン幸せな時に分泌されるホルモンオキシトシンはあなたが幸せ感に包まれているときにたくさん分泌されるホルモンです。「幸せホルモン」「愛情ホルモン」「抱擁ホルモン」とも呼ばれます。・どんな時に分泌されるかというと愛撫や抱きしめられたときのような接触があったとき・セックスのときに子宮を刺激されたとき・赤ちゃんを出産するとき・赤ちゃんにおっぱいをあげるとき あなたが好きな人とスキンシップをとっていると分泌されます。セックスによってオーガズムに達するとき、また出産の時子宮を収縮させるときにも分泌されます。赤ちゃんに乳首をくわえられたときにも分泌されます。 また、おしゃべりが楽しいときやリラクゼーションやトリートメントを受けているとき、可愛いペットを撫でているときや抱っこしているときにも分泌されます。つまり人との肉体的なふれあいやリラックスしているときにたくさん分泌されるホルモンなのです。男性セラピストによるボディタッチにすごく効果があると思いませんか。エストロゲン女子力UPホルモンあなたの月経周期は月経が来てから次の月経が来るまでをいいます。月経周期の長さは人さまざまで月経によってリセットされるのですが月経周期にはもう一つ潮目が変わる時期があります。それは「排卵」のときです。あなたのからだの中で月経がはじまると、だいたい終わりそうな頃に卵巣の中で卵胞(中に卵子があります)が成熟しはじめるのです。その卵胞から成熟と同時に分泌されるホルモンがあります。「エストロゲン」と呼ばれるものです。エストロゲンの分泌がピークに近づくとおりものの量が増えて排卵がおこります。おりものは精子を膣から子宮内に迎え入れる準備のために分泌されます。排卵は意識していないと気づかないのですが、下着につくおりもの量が急に増えたりおなかがちくちく感じたりするときがあるのです。さてこのエストロゲンにはどのような働きがあるかというと・女性らしい体つきをつくる・感情の起伏の変化を整えてくれる・骨や歯の形成をしっかりつくる・髪や肌の質をきれいにする・血管を拡げて血液の流れをよくしてくれる あなたのからだに加齢とともに迫ってくるものに「更年期」があります。更年期は閉経前後の頃でエストロゲンがほぼ枯渇してくる時期です。更年期に骨や歯が弱くなって腰が曲がりイライラしやすくなるのはこのエストロゲンの低下によるものです。月経が近づいてきて肌荒れがひどくなり月経あけに肌質が良くなってくるのはエストロゲンの分泌量が増えてきて血流がよくなるからです。月経の終わりの頃から排卵するまでの期間は、あなたのからだはエストロゲンによる女子力アップの時期です。この時期はなにをやっても楽しいときでショッピングや飲み会、残業や夜更かしでもへこたれず平気です。肌質もすごく良くなろうとしていて、美容液や栄養クリームを使うとビュンビュン吸収していくのでプルプル肌になります。ですから、ボディのほうもこの時期になにかをしてあげるとすごくいい結果をもたらしてくれます。男性セラピストによる良質なオイルでのボディトリートメントは、あなたのからだをより美しく輝かせてくれるはずです。ピチピチのプルプルボディになりませんか。プロゲステロンほっこりするホルモン排卵がおこると卵子の外側を包んでいた卵胞は殻となって黄体というものになり、今度はそれから違うホルモンが分泌されるようになります。「プロゲステロン」というものです。プロゲステロンがだんだん減少していくことで月経がはじまって次の月経周期というサイクルになります。プロゲステロンにどのような働きがあるかというと・子宮の中の環境を整える・体温が上昇する(+0.3~0.5℃くらい)・乳腺が発達する 一時期話題になった子宮活もこのプロゲステロンが関係していました。体温が上昇させるのでこころとからだが高揚してくるのが感じます。ほっこりとしたり気持ちがよい感じに包まれてきます。ただしほっこり感は心地よいのですが、体が温まってくるのでニキビや湿疹、乾燥肌などのお肌のトラブルもおこってきます。日中に強い眠気を感じやすくなるときもあります。また乳腺が発達するので胸が張ってきて痛みをかんじたり、もともと肩こりや慢性頭痛のある方は少しひどくなるかもしれません。エストロゲンのときと違いプロゲステロンのときはケアがより必要になります。男性セラピストのオイルトリートメントでデコルテをしっかりやってリンパを流し、背中や肩、首の筋肉をていねいにほぐしておけば気持ちよく過ごせるはずです。

アロマでストレス解消を

幸せの概念は、人それぞれだと思いますが、逆に幸せでない状態とは何か。それは、我慢できない、逃げ出したい、つまりストレスから解放されたいと心身が悲鳴をあげている時であると思います。ストレスとは、医学的にいうと「なんらかの刺激が体に加えられた結果、体が示したゆがみや変調」のことです。そして、その原因となる刺激のことを、ストレッサーと言います。個人によってストレスには許容範囲があります。我慢できなくなると逃げ出したくなります。初期症状は、頭痛や腹痛として現れてきます。しかし、逃げることが出来ない、または逃げられないと思っていると、心と身体のバランスをとる為に身体は腰痛や肩こりを選びます。その緊張により筋膜が引っ張られ、身体の動きも制限され、姿勢も悪くなっていきます。そして眼精疲労、全身倦怠感、不眠などの、いわゆる不定愁訴が顕著に現れてきます。では、そのストレッサーを排除すればいいのですが…。ストレスの原因調査では、女性は特に人間関係、男性では仕事内容が一番の原因になっているとのデータがあります。これはそんな簡単に排除できるものではありません。社会に生きる以上、人付き合いは必ず必要ですし、仕事を辞めるという訳にもいきません。ですので我々人間は、ストレッサーに負けない身体を作るしかありません。前述通り、個人によってストレスには許容範囲があります。すなわちストレスをコントロールできる身体を作ればいいのです。

セラピストについて

福岡で女性専用出張アロママッサージをしてます。セミナーや販売も行っています。☆アロマリラックスメンズセラピスト紹介☆セラピスト:KOUTA年齢:40歳真心を込めた最高の癒しの時間を提供できるよう誠心誠意を持ってカウンセリングと技術提供をさせて頂いています。オリジナルアロマトリートメントを中心にアロマのセミナーや販売も行っています。よろしくお願いいたします。※スポーツトレーナーの勉強もしてきました。☆男性セラピストについて☆◎アロマセラピー(aromatherapy)とは、アロマ(芳香)+セラピー(療法)を組み合わせた造語です。精油(エッセンシャルオイル)を用いて、心身の健康や美容の促進、病気の予防、リラクゼーション、ストレスの解消などを目的とする療法です。アロマセラピストは、アロマ(芳香)の様々な効果を利用し、様々な技法で人を癒す事を職業にしている人を指します。まだまだ日本では『男性がアロマセラピスト?』と疑問に思う方が多いと思います。主にアロマトリートメントを行い、心身の健康と美容を促進させて癒していきます。しかし、単純に癒すといっても実際は、なかなか難しいです。上手ではないアロマトリートメントはかえってお客様に不快な思いをさせてしまいます。そして、お客様は施術の技術だけでは癒されません。正しいアロマの知識でのアドバイスはもちろんのこと、アロマの心地良い香り、セラピストの人柄、施術を受ける空間、音楽、温度湿度、接客態度などなどこれら全てに気を配らなくてはなりません。特に男性のアロマセラピストの場合、女性のセラピスト以上に気を配ります。男性アロマセラピストは異性を施術することが多いので、細心の注意を払い、お客様の緊張をほぐすために様々な努力をしてリラックスして頂き、安心してもらうためです。異性だからこそ細かい気配りができます。このような気配りの一つ一つが重なり合い、お客様の感動を生み、そして笑顔で『癒された』と喜んでもらうことができます。この一言がセラピストの喜びとなって生きがいになり、活力になります。お客様の感動を得るため癒しの技術や知識、気配りをとことん追求したセラピストこそ、プロのアロマセラピストになれるのです。◎男性アロマセラピストの現状癒しブームによりアロマセラピーが広く利用されてきましたが、日本では男性アロマセラピストは少数で、まだまだ世間的にも認知されておりません。しかし最近は徐々に、男性アロマセラピストの需要が増して、女性が安心して施術を受けられるサロンが増えて来ました。男がアロマ?と疑問に思う方もいるかと思いますが、欧米・東南アジアでは、男性セラピストは一般的です。本来、男性セラピストの温かい大きな手による圧ののったダイナミックな施術はアロマトリートメントに非常に向いているのです。これからの時代、日本でも男性セラピストが一般的になっていくことでしょう。◎男性のアロマセラピストの魅力男性のアロマセラピストの魅力は『大きく、温かく、力強い手による施術』です。疲れのたまった身体をほぐしてしっかり老廃物やリンパ流せます。そして同性ではなく異性との会話や施術で癒され、美しく綺麗にすることも。さらに女性を相手に接客するので自分自身も男として磨かれます。福岡で女性専用出張アロママッサージをしてます。セミナーや販売も行っています。アロマリラックスはルネサンス式英国アロマ採用。男性セラピストの施術にはヒーリングパワーが身体に入りやすく、大変気持ちがよく、大きな手で全身を包み込まれる感覚は、大勢のリピーターから絶大な人気があります。施術(トリートメント)に使用する精油は100%天然のアロマaromarilaxkouta.wixsite.com